荷造りのコツ

事前準備で引越しをスムーズに!荷造りのコツをお教えします。

これまで多数の引越しをお手伝いしてきた町の引越屋さんならではの“荷造りのコツ”をご紹介いたします。「引越しの荷造りするのがめんどう…」「梱包方法がわからない…」という方は、ぜひ引越しの前に参考にしてください。

スムーズな引越しにする荷造りのコツ

引越しの準備で必要なもの

  • ダンボール類
  • マジックペン
  • はさみ・カッター
  • ガムテープ
  • 新聞紙・チラシ
  • ラップ・輪ゴム
必要なもの

ダンボール箱の組み立て方


  • (1)組み立てられていないダンボールは折り目に沿って広げ、底の部分を上に向けます。

  • (2)先に短いはねを折り曲げてから、次に長いはねを折り曲げます。

  • (3)両面を合わせてガムテープで十字に留めて、裏返せばできあがりです。

ビン類の梱包

ビンは、新聞紙やチラシで一本ずつ丁寧に包みましょう。ダンボールに入れるときはビンを立て、隙間に緩衝材を詰めて梱包すると、移動の際に割れる心配がありません。

刃物類の梱包

刃の部分に二つ折りにした厚紙などを巻き、抜けないようにテープでしっかりと留めます。 本数が多いときは、刃の向きを互い違いにすれば、かさばらずに梱包できます。

コップ類の梱包

新聞紙やチラシでコップを一つずつ包み、蓋があるものは別に包みましょう。ダンボールに入れた際に隙間ができた場合は緩衝材を詰め、振動などで割れないようにします。

お皿の梱包

新聞紙やチラシの中央にお皿を置き、四隅から順に折って最後にテープで留めます。一枚一枚丁寧に梱包しましょう。ダンボールに入れてできた隙間には緩衝材を詰めます。

布団類の梱包

たたんだ布団を布団袋に入れたら、梱包します。くれぐれも布団袋の中には、ガラス類などの壊れやすいものを一緒に入れないようにしてください。

ハンガーボックスでの梱包

箱の内部にある黒いバーに衣類をハンガーにそのままかけます。

  • ハンガーボックスにかかる衣類の量(目安)
    ・スーツ15~20着
    ・ワイシャツ30~40着
    ・コート8~12着
    ※お使いのハンガーの厚みで変動する場合があります。
  • ハンガーボックスの大きさ
    高さ98cm×幅45cm×奥行50cm
    ※ロングコート等の衣類は底の部分が少し当たりますので折り曲げて入れていただきます。

町の引越屋さんで梱包できるもの

  • 家具
  • 大型の家電品
  • 照明器具
  • ベッド
  • ハンガーにかかった衣服
  • その他、ダンボールに入らない家財

お客様自身で梱包が難しいものに関しては、引越し当日に町の引越屋さんスタッフが梱包させていただきます。また、その際にハンガーにかかっている衣服もハンガーBOXにお入れいたしますので、そのままの状態で置いていただいて問題ありません。

このような梱包はお避け下さい。

  • 紐かけ
    結び目がほどけてしまうと荷物がバラバラになる可能性がございます
  • 袋詰め
    袋が破れてしまうと荷物が飛び出す可能性がございます。
  • 箱の盛り上がり
    荷物が積めなくなり、作業効率が低下いたします。
  • 箱の組み込み
    重いものを入れた場合底が抜けて、荷物の破損のおそれがございます。

ダンボールのサイズ

町の引越屋さんでは、運搬中に底抜けすることを事前に防ぐために、使用するダンボールを梱包物によって使い分けていただくようにお願いしております。ダンボールの強度を踏まえて使用すべきサイズが異なってまいりますので、参考にしてください。


Sサイズ
25㎝×30㎝×40㎝
Mサイズ
27㎝×35㎝×55㎝
Lサイズ
35㎝×35㎝×70㎝
重いもの(書籍や雑誌、食器など)を入れるとき たくさん入れても重たくないものを梱包するとき 衣類や鍋類など、軽めのものを入れるとき

※ダンボールの外形サイズ…高さ×幅×奥行き

ワンポイントアドバイス

  • 引越しの荷物を梱包したあとは、ダンボールの側面などに中身を記入しておくと、新居で荷物を出す際にわかりやすくて便利です。
  • エアコンのリモコンを箱詰めされると取り付け後の試運転に支障をきたす場合があるので、ダンボールに入れないようにしてください。

必要な事前準備

テレビなどの配線

配線は、事前に取り外してまとめておきましょう。外した配線には記号などをつけておくと、新居での配線が簡単になります。なお、町の引越屋さんでは新居でのアンテナの設置・テレビなどの配線・取り付け工事も承っております(有料)。ご希望される場合は、お問い合わせください。

冷蔵庫

冷蔵庫の電源は、基本的に抜かずにそのままの状態で置いておいてください。なお、冷蔵庫の中身については、引越しまでにすべて使い切ってしまうか、当日ご用意させていただくクーラーBOXに移し替えていただくようにお願いしております。

ミニバイク・石油ストーブ

ミニバイクや石油ストーブは、事前に燃料を完全に抜き取っておくようにお願いしております。また、ストーブなどの点火用の電源も外しておいてください。なお、安全面から灯油・燃料・オイルなど、火災の原因となるものはお運びできません。

貴金属

現金・有価証券・各種通帳・印鑑・宝石・貴金属・カード・重要書類をはじめとする貴重品はひとまとめにしていただき、引越し当日はご自身で管理していただくようお願いしております。町の引越屋さんではお運びできませんので、あらかじめご了承ください。

洗濯機

排水ホースなど、すべて事前に水を抜いておいてください。なお、配線ホースの取り付けや部品の追加を行うには専門家が必要となる場合もあります。新居でのご指定の場所までの設置は町の引越屋さんで承れますので、お気軽にお申し付けください。

照明器具

コンセントタイプの照明器具でない場合は、専門家による取り付け・取り外し工事が必要となる場合がありますのでご注意ください。なお、町の引越屋さんでも別途有料にて工事を承っております。ご希望のお客様は、事前にご相談ください。

パソコン

引越しの際はトラックで運搬するため、どうしても振動が発生します。パソコンなどの衝撃に弱い精密機器は、必ず事前にデータのバックアップを取っていただきますようお願いいたします。内部故障やデータ消失の補償はいたしかねますので、ご了承ください。

※注意点※
町の引越屋さんにて電気工事を依頼される場合、お客様には該当工事の料金をお伝えしております。ただ、取り付け方法や部品の追加などで、事前にお伝えした料金と異なってくる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

標準引越運送約款

  • 標準引越運送約款(平成二年運輸省告示第五百七十七号)
    最終改正 平成十五年 国土交通省告示第百七十号
第一章 総則
(適用範囲)
第一条 この約款は、一般貨物自動車運送事業により行う運送のうち車両を貸し切ってする引越運送及びこれに附帯する荷造り、不用品の処理等のサービスに適用されます。ただし、事業所等の移転であって、この約款によらない
旨をあらかじめ告知した場合には、適用されません。

2 この約款に定めのない事項については、法令又は一般の慣習によります。

3 当店は、前二項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で、特約の申込みに応じることがあります。

(受付日時)
第二条 当店は、受付日時を定め、店頭に掲示します。
2 前項の受付日時を変更する場合は、あらかじめ営業所その他の事業所の店頭に掲示します。
第二章 見積り
(見積り)
第三条 当店は、引越運送及びこれに附帯するサービスに要する運賃及び料金(以下「運賃等」という。)について、試算(以下「見積り」という。)を行います。

2 見積りを行ったときは、次の事項を記載した見積書を申込者に発行します。
一 申込者の氏名又は名称、住所及び電話番号
二 荷受人の氏名又は名称、住所及び電話番号
三 荷物の受取日時及び引渡日
四 発送地及び到達地の地名、地番及び連絡先電話番号
五 運賃等の合計額、内訳及び支払方法
六 解約手数料の額
七 当店の名称、事業許可番号、住所、電話番号、見積り担当者の氏名及び
問い合わせ窓口電話番号
八 荷送人及び荷受人並びに当店が行う作業内容
九 その他見積りに関し必要な事項

3 前項第五号の記載については、第三号及び第四号の事項並びに積込み又は
取卸し作業等に応じて運賃等の内容ごとに区分してわかりやすく記載します。

4 見積料は請求しません。ただし、発送地又は到達地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします。

5 当店は、見積りの際に内金、手付金等(前項ただし書の規定による下見に要した費用を除く。)を請求しません。

6 当店は、見積り時に申込者に対して、この約款を提示します。

7 当店は、見積書に記載した荷物の受取日の二日前までに、申込者に対して、見積書の記載内容の変更の有無等について確認を行います。
第三章 運送の引受け
(引受拒絶)
第四条 当店は、次の各号の一に該当する場合には、引越運送の引受けを拒絶することがあります。
一 運送の申込みがこの約款によらないものであるとき。
二 運送に適する設備がないとき。
三 運送に関し申込者から特別の負担を求められたとき。
四 運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
五 天災その他やむを得ない事由があるとき。

2 荷物が次に掲げるものであるときは、当該荷物に限り引越運送の引受けを拒絶することがあります。
一 現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等荷送人において携帯することのできる貴重品
二 火薬類その他の危険品、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの
三 動植物、ピアノ、美術品、骨董品等運送に当たって特殊な管理を要するため、他の荷物と同時に運送することに適さないもの
四 申込者が第八条第一項の規定によるその種類及び性質の申告をせず、又は同条第二項の規定による点検の同意を与えないもの

(連絡運輸又は利用運送)
第五条 当店は、荷送人の利益を害しない限り、引き受けた荷物の運送を他の運送機関と連絡して、又は他の貨物自動車運送事業者の行う運送若しくは他の運送機関を利用して運送することがあります。
第四章 荷物の受取
(荷物の受取を行う日時)
第六条 当店は、見積書に記載した受取日時に荷物を受け取ります。

(荷造り)
第七条 荷送人は、荷物の性質、重量、容積、運送距離等に応じて、運送に適するように荷造りをしなければなりません。

2 当店は、荷物の荷造りが運送に適さないときは、荷送人に対し必要な荷造りを要求し、又は荷送人の負担により必要な荷造りを行います。

3 前二項の規定にかかわらず、当店は荷送人からの申込みに応じて、荷送人の負担により必要な荷造りを行います。

(荷物の種類及び性質の確認)
第八条 当店は、荷物を受け取る時に、第四条第二項各号に掲げる荷物、貴重品(第四条第二項第一号及び第三号に掲げるものを除く。)、壊れやすいもの(パソコン等の電子機器を含む。第二十四条第二項において同じ。)、変質若しくは腐敗しやすいもの等運送上特段の注意を要するものの有無並びにその種類及び性質を申告することを荷送人に求めます。

2 当店は、前項の場合において、その種類及び性質につき荷送人が告げたことに疑いがあるときは、荷送人の同意を得て、その立会いの上で、これを点検することができます。

3 当店は、前項の規定により点検した場合において、荷物の種類及び性質が荷送人の申告したところと異ならないときは、このために生じた損害を賠償します。

4 第二項の規定により点検した場合において、荷物の種類及び性質が荷送人の申告と異なるときは、点検に要した費用は荷送人の負担とします。
第五章 荷物の引渡し
(荷物の引渡しを行う日)
第九条 当店は、見積書に記載した引渡日に荷物を引き渡します。また、荷物受取時に、引渡日時を荷送人又は荷受人に対して通知します。

(荷受人が不在の場合の措置)
第十条 荷受人が見積書に記載した引渡日に引渡先に不在のおそれのある場合には、あらかじめ荷送人に対し、荷受人に代わって荷物を受け取る者(以下「代理受取人」という。)の氏名及び連絡先の申告を求めます。

2 荷受人が見積書に記載した引渡日に不在であった場合には、当該代理受取人に対する荷物の引渡しをもって荷受人に対する引渡しとみなします。

(引渡しができない場合の措置)
第十一条 当店は、荷受人又は代理受取人(以下「荷受人等」という。)を確知することができないとき、又は荷受人等が荷物の受取を怠り若しくは拒んだとき、若しくはその他の理由によりこれを受け取ることができないときは、遅滞なく荷送人に対し、相当の期間を定め荷物の処分につき指図を求めます。

2 前項に規定する指図の請求及びその指図に従って行った処分に要した費用は荷送人の負担とします。

(引渡しができない荷物の処分)
第十二条 当店は、相当の期間内に前条第一項に規定する指図がないときは、荷物を倉庫営業者に寄託し又は供託し若しくは競売することがあります。

2 前項の規定による処分を行ったときは、遅滞なくその旨を荷送人又は荷受人に対して通知します。

3 第一項の規定による処分に要した費用は、荷送人の負担とします。

4 当店は、第一項の規定により競売したときは、その代価の全部又は一部を運賃等並びに指図の請求及び競売に要した費用に充当し、不足があるときは、荷送人にその支払を請求し、余剰があるときは、これを荷送人に交付し、又は供託します。
第六章 指図
(指図)
第十三条 荷送人は、当店に対し、荷物の運送の中止、返送、転送その他の処分につき指図をすることができます。

2 前項に規定する荷送人の権利は、荷受人に荷物を引き渡した時に消滅します。

(指図に応じない場合)
第十四条 当店は、運送上の支障が生ずるおそれがあると認めるときには、前条第一項の規定による荷送人の指図に応じないことがあります。

2 当店は、前項の規定により指図に応じないときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。
第七章 事故
(事故の際の措置)
第十五条 当店は、荷物の全部の滅失を発見したときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

2 当店は、荷物の相当部分の滅失又は全部若しくは相当部分のき損を発見したとき、又は荷物の引渡しが見積書に記載した引渡日より遅延すると判断したときは、遅滞なく荷送人に対し、相当の期間を定め荷物の処分につき指図を求めます。

3 当店は、前項の場合において、指図を待ついとまがないとき、又は当店の定めた期間内に指図がないときは、荷送人の利益のために、当店の裁量によって運送の中止又は運送経路若しくは運送方法の変更その他の適切な処分をします。

4 当店は、前項の規定による処分をしたときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

5 第二項の規定にかかわらず、当店は運送上の支障が生ずると認める場合には、荷送人の指図に応じないことがあります。

6 当店は、前項の規定により指図に応じないときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

7 当店は、荷物の一部の滅失又はき損を発見したときは、荷送人の指図を求めずに運送を続行した上で、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

(危険品等の処分)
第十六条 当店は、荷物が危険品等他の荷物に損害を及ぼすおそれのあるものであることを運送の途上で知ったときは、荷物の取卸しその他運送上の損害を防止するための処分をします。
2 前項に規定する処分に要した費用は、荷送人の負担とします。
3 当店は、第一項の規定による処分をしたときは、遅滞なくその旨を荷送人に通知します。

(事故証明書の発行)
第十七条 当店は、荷物の滅失、き損又は遅延に関し、証明の請求があったときは、荷物を引き渡した日(滅失のときは見積書に記載した引渡日)から一年以内に限り、事故証明書を発行します。
第八章 運賃等
(運賃及び料金)
第十八条 運賃及び料金並びにその適用方法は、当店が別に定める運賃料金表によります。

2 運賃及び料金並びにその適用方法は、営業所その他の事業所の店頭に掲示します。

3 当店は、申し込みを受けた運送に附帯するサービスを行ったときは、これに係る料金を収受します。

(運賃等の収受)
第十九条 当店は、荷物を受け取るときに見積書に記載された支払方法により、荷送人から運賃等を収受します。

2 当店は、次の事項を記載した請求書に基づき運賃等を請求します。
一 運賃等の請求相手方の氏名又は名称、住所及び電話番号
二 発送地及び到達地の地名、地番及び連絡先電話番号
三 運賃等の合計額及びその内訳(運賃等の内容ごとに区分してわかりやすく記載します。)
四 当店の名称、住所、電話番号及び問い合わせ窓口電話番号
五 その他運賃等の収受に関し必要な事項

3 前項各号について、当店は見積書に記載した内容に準拠して記載します。ただし、見積りを行った後に当該内容に変更が生じた場合は、当該変更に応じて所要の修正を行います。

4 前項ただし書の場合において、変更が生じた結果、実際に要する運賃等の合計額が見積書に記載した運賃等の合計額と異なることとなった場合の修正については、次の各号に基づき行います。
一 実際に要する運賃等の合計額が見積書に記載した運賃等(以下「見積運賃等」という。)の合計額より少ない場合 実際に要する運賃等の合計額及びその内容に修正します。
二 実際に要する運賃等の合計額が見積運賃等の合計額を超える場合 荷送人の責任による事由により見積運賃等の算出の基礎に変化が生じたときに限り、実際に要する運賃等の合計額及びその内容に修正します。

5 当店は、第一項の規定にかかわらず、荷物を引き渡した後に荷受人等から運賃等を収受することを認めることがあります。この場合においては、第二項から前項までの規定を準用します。

(事故等と運賃、料金)
第二十条 当店は、第十三条第一項の規定により処分をしたときは、その処分に要する運賃、料金その他の費用を収受し、並びに当店が既に行った運送及びこれに附帯するサービスに要した運賃等を収受します。
2 当店は、第十五条第二項及び第三項の規定により処分をしたときは、事故等が荷送人の責任による事由又は荷物の性質若しくは欠陥により生じた場合に限り、その処分に要する運賃、料金その他の費用を収受します。
3 当店は、荷物の一部の滅失若しくはき損又は遅延が生じた場合において申込みに係る運送を続行した場合は、運賃等の全額を収受します。
4 当店は、第十五条第一項に規定する荷物の全部の滅失又は同条第二項に規定する荷物の相当部分の滅失又は全部若しくは相当部分のき損が生じた場合は、当該事故が荷送人の責任による事由又は荷物の性質若しくは欠陥により
生じた場合に限り、当店が既に行った運送及びこれに附帯するサービスに要した運賃等を収受します。
5 第一項、第二項及び第四項の場合において、当店が既にその荷物について運賃等の全部又は一部を収受している場合には、第一項、第二項又は第四項の規定により当店が収受することとしている金額に充当し、余剰があるときは払い戻します。

(解約手数料又は延期手数料等)
第二十一条 当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前日又は当日に行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、解約手数料又は延期手数料を請求しません。

2 前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
一 見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の十パーセント以内
二 見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の二十パーセント以内

3 解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します。

4 第一項ただし書の規定は、前項の費用の収受について準用します。
第九章 責任
(責任と挙証等)
第二十二条 当店は、自己又は使用人その他運送のために使用した者が、荷物の荷造り、受取、引渡し、保管又は運送に関し注意を怠らなかったことを証明しない限り、荷物その他のものの滅失、き損又は遅延につき損害賠償の責
任を負い、速やかに賠償します。

(免責)
第二十三条 当店は、次の事由による荷物の滅失、き損又は遅延の損害については、損害賠償の責任を負いません。
一 荷物の欠陥、自然の消耗
二 荷物の性質による発火、爆発、むれ、かび、腐敗、変色、さびその他これに類似する事由
三 ストライキ若しくはサボタージュ、社会的騒擾その他の事変又は強盗
四 不可抗力による火災
五 予見できない異常な交通障害
六 地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災
七 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し
八 荷送人又は荷受人等の故意又は過失

(引受制限荷物等に関する特則)
第二十四条 第四条第二項各号に掲げる荷物については、当店がその旨を知って引き受けた場合に限り、当店は、当該荷物の滅失、き損又は遅延について、損害賠償の責任を負います。
2 貴重品、壊れやすいもの、変質又は腐敗しやすいもの等運送上の特段の注意を要する荷物(第四条第二項各号に掲げるものを除く。)については、荷送人が第八条第一項の規定によるその有無の申告をせず、かつ、当店が過失なくしてその存在を知らなかった場合は、当店は、運送上の特段の注意を払わなかったことにより生じた当該荷物の滅失若しくはき損又は当該荷物により生じた他の荷物の滅失、き損若しくは遅延について、損害賠償の責任を負いません。

(責任の特別消滅事由)
第二十五条 荷物の一部の滅失又はき損についての当店の責任は、荷物を引き渡した日から三月以内に通知を発しない限り消滅します。

2 前項の規定は、当店がその損害を知って荷物を引き渡した場合には、適用
しません。

(損害賠償の額)
第二十六条 当店は、荷物の滅失又はき損により直接生じた損害を賠償します。

2 当店は、遅延により生じた損害については、次の各号の規定により賠償します。
一 見積書に記載した受取日時に荷物の受取をしなかったとき 受取遅延により直接生じた財産上の損害を運賃等の合計額の範囲内で賠償します。
二 見積書に記載した引渡日に荷物の引渡しをしなかったとき 引渡遅延により直接生じた財産上の損害を運賃等の合計額の範囲内で賠償します。
三 第一号及び第二号が同時に生じたとき 受取遅延及び引渡遅延により直接生じた財産上の損害を運賃等の合計額の範囲内で賠償します。

3 前項の規定にかかわらず、当店の故意又は重大な過失によって荷物の受取又は引渡しの遅延が生じたときは、当店はそれにより生じた損害を賠償します。

(時効)
第二十七条 荷物の滅失、き損又は遅延についての当店の責任は、荷受人等が荷物を受け取った日から一年を経過したときは、時効によって消滅します。

2 前項の期間は、荷物の全部が滅失した場合においては、見積書に記載した引渡日からこれを起算します。

3 前二項の規定は、当店がその損害を知っていて荷受人等に告げなかった場合には、適用しません。

(連絡運輸又は利用運送の際の責任)
第二十八条 当店が他の運送機関と連絡して、又は他の貨物自動車運送事業者の行う運送若しくは他の運送機関を利用して運送を行う場合においても、運送上の責任は、この運送約款により当店が負います。

(荷送人又は荷受人等の賠償責任)
第二十九条 荷送人又は荷受人等は、自らの故意若しくは過失により、又は荷物の性質若しくは欠陥により当店に与えた損害について、損害賠償の責任を負わなければなりません。ただし、荷送人又は荷受人等が過失なくしてその性質若しくは欠陥を知らなかったとき、又は当店がこれを知っていたときは、この限りでありません。