2018.06.06

風水で選ぶ開運のカーテンとは?選び方のコツまとめました

こんにちは
町の引越し屋さんです。
 
部屋の印象をガラッと変えるアイテムの1つにカーテンがありますが、風水の中でカーテンはとても重要なアイテムで、方角や色によって様々な運気を引き寄せます。
 
今回はカーテンのを選ぶときのコツは?色や方角によって運気はどう違うの?など、カーテンでお部屋の運気をUPさせる方法をまとめました。
 

運気がUPするカーテンの選びかた

カーテン
 
では、実際に風水をカーテンで取り入れるには具体的にどうしたら良いのか?を方角、色、五行(木、火、土、金、水)の視点からまとめました。
 

風水とカーテンの関係性

 
カーテンは窓を通して、外からの光や邪気を遮ったり部屋の中の気が逃げないようにする役割があります。
 
カーテンは締め切っていると良い気が入ってこないので、昼間はカーテンを開けるかレースのカーテンにして「陽」の気を部屋に取り込み、夜はきっちりと閉めて入ってきた良い気を逃さないようにしながら悪い気はシャットダウンしましょう。
 
ただ、窓を開けた目の前が墓地が見えたり、隣の家の換気扇がある、鉄塔があるなど雰囲気的に陽の気が入ってこないと感じる場合や、「この窓いらない気がする」と感じる場所などは良い気が入ってきていない証拠なので、カーテンは閉めっぱなしの方が運気が上がります。
 
また、カーテン自体は「陰」に属しているアイテムなのでリラックスと癒し効果があります。
 

カーテンの色に迷った時はベージュが◎

 
風水では陰と陽のバランスが大事で、カラーバランスを取るなら陰4陽6にしておくと気の流れがよくなります。
 
風水上では大地は陰で、家は陽とされているのですが日本は湿気が多いので年月が立つとどんな家でも陰に傾いていきます。
 
良い気は明るく清潔な場所を好んでいるので、家を陽に保つには、綺麗な状態に保ち明るめの色のカーテンをつけると効果的です。
 
なのでカーテンはできれば洗えるタイプにして清潔な状態を保てるようにしましょう。
 
色は方角によっても相性は変化しますが、東西南北に影響されずどこにでも合うのがベージュのカーテンです。
 
また風水のカラーは自然に基づいたアースカラーが基本になっていて、野山の緑、空と海の青、大地の茶、太陽のオレンジの4色で、この色が部屋に馴染まない場合はベージュのカーテンを選びましょう。
 
ベージュは陰と陽どちらの要素も持っている色で、どんな部屋でも上品にまとまります。
 

風水を取り入れながら家全体の統一感を出すポイント

 
風水にこだわるのは良いのですが、こだわりすぎて家全体を見たときのカラーコーディネートがいまいちになってしまうのは避けたいですよね。
 
色の使いすぎてを避けつつ、運気を取い入れるには同系色でグラデーションをつけてまとめると全体が落ち着いて良い感じになります。
 
寝室にパステルブルーを使ったら、リビングはパステルイエローなど柔らかい色で揃え、同じように子供部屋には柔らかいグリーン、北側の部屋には暖かみを感じるオレンジなどにすると、4色使っていても統一感のある家になります。
 
またこういった配色だと、4色使っていてもブルーグリーン系、イエローオレンジ系の2色で隣り合う色なのでまとまりも良い配色になります。
 

東西南北と五行のバランスを考慮する

 
風水で重要視される東西南北の方角と、五行(木、火、土、金、水)を考慮すると
 
■東・・・青龍の青、五行は「木」
■西・・・白虎の白、五行は「金」
■南・・・朱雀の赤、五行は「火」
■北・・・玄武の黒、五行は「水」
 
が基本の色で、東西南北の中心は「黄色」で五行は「土」になります。
 
南は「火」の意味を持っているので暖色系、北は「水」の意味なので寒色系が吉ですが、現在の風水はその法則をもとにコーディネートするのが基本で、南の部屋には寒色系のカーテン+赤い小物、北の部屋には暖色系のカーテン+黒い小物でバランスをとると気の流れが良くなります。
 
夏の南の部屋に暖色系のカーテンは少し暑苦しい感じがしませんか?
なので寒色系のカーテンにして、ワンポイントに赤い花瓶などを置くとバランスよく感じることができます。
 
このように北と南は方位が示す色と反対の色のカーテンを散り入れるのが◎とされています。
 

東におすすめのカーテンカラー

 
東の方位に相性の良い青は安定感や落ち着きのある色で仕事運・勉強運・健康運がUPして、発展や情報がやってくる方位です。
 
東が吉になると自信や行動力が高まります。
 
青も濃い色だと狭く感じやすくなるので淡いブルーにして、濃い青のタッセルを使うと◎です。
青以外のカーテンにする場合は、赤、ピンク、白といったビビット系のカラーが良いですね。
 

西におすすめのカーテンカラー

 
西の方位に相性の良い白は純粋で清潔な色で、金運・商売運・恋愛運がUPし、趣味や楽しみにも関係している方位です。
 
西が吉になると蓄財や満足感が高まります。
 
白だけでなく薄い黄色も相性がよく、ビビッドなイエローよりパステルイエローと白い家具や小物を組み合わせた優しい色が金運を招きます。
 
しかし、西から得た金運は入ってきた分だけ出ていくとも言われていて、西から日が差し込みすぎると浪費につながり、黒い家具を置くと入ってきた倍以上のお金が出ていくとされているので、カーテンは遮光にして日が差し込みすぎないようにして、黒っぽいものは置かないようにしましょう。
 
恋愛運をUPさせたい時はピンクのカーテンが◎です。
 

南におすすめのカーテンカラー

 
南の方位に相性の良い赤は情熱的な色で、人気運・美容運がUPし、直感力や知性、芸術に関する方位ですが、インテリア風水では南のカーテンは寒色系の白やベージュが良く、寒色系のカーテン+赤いタッセルをワンポイントに使うと効果的です。
 
南が吉になると社交的になれたり、美意識が高まります。
また、芸術に関係する直感力をUPさせたい時はグリーンのカーテンもおすすめです。
 
南は火の気を持っていて家の中の悪い気を燃やしてくれますが、赤いインテリアが多すぎると火の力が強すぎて家の中での争いや揉め事が増えてしまうので、ワンポイントに取り入れるぐらいにしておきましょう。
 

北におすすめのカーテンカラー

 
北の方位に相性の良いのは黒ですが、黒は陰の気が強いのでカーテンといった大きな面積の物には相応しくありません。
 
南に寒色系のカーテンを使うように方角が本来持つ色と反対の色が良いので、北にはワインレッド、オレンジ、ピンク、アイボリーといった暖色系のカーテンに黒いタッセルをするとバランスが良くなります。
 
北は恋愛運・金運がUPし、悪いものを流して浄化する効果がありますが、冷えやすいので暖かみをイメージしてコーディネートすると気の流れが良くなり、吉になると柔軟性や自立心が高まります。
 
逆に水の気が強くなりすぎる水色や、暖色ですが水と相性の悪い赤色は不向きなので使わないようにしましょう。
 

目的別の運気UPカラー

 
上げたい運気がはっきり決まっているなら、目的別のラッキーカラーをダイレクトに使うのもアリですね。
 
その場合は、先ほど紹介した方位別のカラー(東は緑、西は白、南は赤、北は黒)をポイントにタッセルなどで取り入れると気が整いやすくて良いですよ。
 

健康運UPはグリーン系!

 
健康運をUPしたいならグリーン系や植物柄、リーフ柄など自然を感じるカラーがおすすめです。
緑系の色は平和や安らぎを感じ、心や健康に良い効果があります。
 
室内に観葉植物を置くと植物の効果で気が整い、健康運がUPしますが、グリーン系のカーテンは植物と同じ効果があります。
 
グリーン以外の色だと、ベージュやアイボリーなどナチュラルなアースカラーが健康運UPに◎です。
 

金運UPはイエロー系!

 
金運をUPさせるならイエロー系やゴールドのカーテンがおすすめです。
 
パステルイエローのような淡い色から、マスタードイエローといった濃い色、麦わら帽子のような肌色系の色など様々な黄色がありますが、どの色でも金運UPの効果があります。
 
柄物なら、星・水玉・果実柄が◎。
高級感のある素材にしてタッセルもゴールドや光沢のあるものにするとより運気が上がります。
 
黄色は好みが分かれる色でもあるので、黄色一色のカーテンがいまいちな場合は黄色の柄がワンポイントで使われているカーテンにしてみましょう。
 
好みじゃないカーテンをつけていると、いくら開運効果のあるカラーでも効果が出なくなります。
 

人気運UPはオレンジ系!

 
人気運をUPさせて人間関係や絆を深めるにはオレンジ系がおすすめです。
オレンジは太陽・果実などエネルギッシュなイメージのある色で、実りに導く効果があります。
 

恋愛運UPにはピンク系!

 
恋愛運にはピンク系のカーテンがおすすめで、出会いが欲しい場合は濃いピンクが良く、ピンクは北側の部屋や寝室とも相性がいい色です。
 
柄だと花柄が一押しで、新しい出会いが欲しい場合は大花柄を、いまの相手と良好な関係を続けたり進めたい場合は小花柄が良く、そのほかにもリボン柄・ハート柄も恋愛運がUPします。
 
ピンクが好みじゃない場合は、ベージュ地にドットやチェックなどの柄で取り入れてみましょう。
産婦人科がピンク色を基調としているところが多いのは、ピンクは女性ホルモンの分泌にも効果があるとされているからです。
 

仕事運UPには青系!

 
仕事運をUPするには集中力を上げる効果のある青系がおすすめです。
 
青色は精神を落ち着かせ、物事を判断するために冷静さを与える効果があり、心を安らかにする効果があるので寝室にも相性の良い色です。
 
星柄は金運に効果がありましたが、仕事運をUPさせる効果もあり、それ以外の柄だと波模様のウェーブストライプ・雲柄がおすすめです。
 

風水のカーテンは囚われ過ぎずバランスも大切に

 
風水を意識して部屋ごとに色々なカラーを取り入れて家全体のバランスがちぐはぐになってしまったり、そもそもですが好みじゃないアイテムに囲まれた家になってしまうと風水の開運効果は得られなくなります。
 
たくさんの色を使うときはトーンを揃えるかワンポイントにして差し色にするのがおすすめです。
どの方角、どの五行とも相性がいいベージュをうまく使いながら部屋をコーディネートしてみてくださいね。
 



シェア